毛穴 ポツポツ

ポツポツ毛穴!原因はいろいろあります。

あなたは毛穴の開きが気になっていませんか?

 

毛穴の開き方には色々なパターンがあります。
毛穴の開き方の種類によって
効果的なお手入れや、効果のある化粧品の成分なども変わってくるため
一言で毛穴の悩みと片づけられない、複雑な悩みなんです。

 

 

思春期〜20代前半に多い毛穴の悩み

毛穴の悩みの中で最も改善しやすいものです。

 

主に小鼻のあたりや、その周辺の毛穴が気になります。
原因は、皮脂の過剰な分泌で毛穴が広がってしまうことです。

 

皮脂の量が少なくなれば自然に毛穴は目立たなくなっていきますが
そのままの状態にしてしまうと毛穴の中に溜まった皮脂が酸化し黒くなってしまいます。
さらに皮脂が出続けると、毛穴がどんどん広がっていってしまいます。
また、その皮脂のなかに細菌が繁殖してしまうとそこからニキビの原因になります。

 

予防するには、洗顔をきちんとすることや、清潔なタオルを使うこと。
また、枕カバーなど清潔なものを使うことが効果的です。

毛穴の脂

 

よく、鼻の脂を絞り出した経験のある人はいませんか?
あれは、その時はきれいになったような気がしますが
絶対にやってはいけません。
毛穴が広がったまま戻らなくなってしまいます。

 

さらに、無理やり脂を押し出すことによって皮膚が傷つき、
細菌が繁殖する可能性があります。

 

 

思春期や、若い人の毛穴は丁寧な洗顔と保湿で改善しますので
こまめな洗顔と保湿を心がけましょう!

 

ニキビ悩みを持っている人におススメのBBクリーム

20代後半からの毛穴の悩み

10代から20代前半は皮脂が多く分泌されることが原因ですが、
20代後半になるとだんだんと毛穴の状態が変わってきます。

 

お肌は、皮膚と、その下のコラーゲンやヒアルロン酸といった皮下組織で作られています。

 

ベッドに例えると非常に分かり易いのですが

 

お肌表面の皮膚がベッドのシーツ
皮下組織がマットレスという感じです。

 

人間の身体のコラーゲンは、20代をピークにどんどんと減少していき
80歳ころになると、10%ほどに減ってしまいます。

 

コラーゲンが減少していくということは、ベッドのスプリングがどんどん弱くなっていくという感じです。
ハリがなくなり、押し返す力がなくなっていきます。

 

その影響が出始めるのが、20代後半から30代くらいに気になり始める、ゆるみ毛穴なんです。

 

皮膚をピーンと張る力が弱まるので、肌が緩み、毛穴が少し縦に緩んだ感じで開いてしまいます。
10代の皮脂が原因の毛穴と、見た目にはそこまで変化がないのですが、
簡単にどちらのタイプなのか確認できる方法があります。

 

鏡の前に立ち、頬を抑えて耳の方に向けて軽く引っ張ってみてください。
普段、ポツポツと目立って見える毛穴が、引っ張ることによって目立たなくなったら
それはゆるみ毛穴です。
ハリが戻れば、毛穴は目立たなくなります。

 

ではどうすればハリは戻るのでしょうか?

 

毛穴だけでなく女性としてきになるのはシミですよね。
シミを薄くする化粧品はこちらのHPを参考にしてください!